専業主婦でも安心してカードローンが申込みできる理由

専業主婦にはローンを組むのは難しいというイメージがあると思います。
確かに収入がないことを考えると、カードローンなどを組むのが難しいのも納得できます。しかし、最近は専業主婦でもカードローンを申し込めるようになっています。その理由について迫ってみたいと思います。

 

総量規制

総量規制は年収の3分の1以上の借り入れをすることができないというものです。つまり専業主婦は事実上、収入がない状態です。収入がないのであれば、とうぜん借り入れできる金額もないのでは?と、思うことでしょう。しかし、この総量規制は銀行系のカードローンには当てはまりません。つまり、銀行系であるならば専業主婦のように収入のない人でも、審査に通る可能性もあるのです。

収入証明の要らない小口ローン

ローンの種類によっては、収入を証明するものが必要ではないことがあります。一般的に、50万円以下の借り入れの場合は、収入証明書は必要ではありません。だからといって主婦に50万円を融資してくれるかというとそうではないことが多いです。しかし、小口ローンといわれる、10万円から30万円ほどの小額のローンであるならば、専業主婦でも借り入れは十分に可能です。

夫の同意を得る

専業主婦は基本的に夫と家計をともにしていると考えられます。そこで収入のある夫の同意が得られるのであれば、借り入れを行いやすくなります。つまり夫が保証人のようになり、万が一妻が支払えない借り入れは夫が返済することになるのです。

 

主婦向け商品の増加

最近は、専業主婦向けのローンがあります。一般的にカードローンは、専業主婦は申し込みできません。しかしそんな専業主婦に目をつけた会社もあるのです。そのひとつが楽天銀行です。さらにイオン銀行もモールに来る主婦層をターゲットにしています。つまりこれらの会社は、主婦が借りいれをして買い物や他のサービスの利用を増大させるという狙いがあるのです。そのために収入のない専業主婦でもカードローンを申し込めるようになっています。

 

注意したいこと

主婦だと家計のやりくりがきついときもあることでしょう。そんなときに、少しだけと思ってローンを利用することもあるかもしれません。しかし、これが習慣化してしまう主婦もいます。これではいつまでたっても借金を返済することができません。まずは、返済できるめどがないのに利用すべきではなく。計画的に使用することが大事です。

 

更新履歴